スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アトピーでお悩みの方へ

アトピーで悩む人が少しでも回復していただくために私の店でできる範囲の対応をしている現状をお話したいと思います。

簡単にたとえ話をさせていただくとアトピーの肌は、コンロの上に鉄板が置いてあり、コンロに火がついている状態であると考えています。鉄板は皮膚、コンロは体の中の状態です。皆さんは、この状態をどうやって冷えた鉄板にしますか?

冷えた鉄板にするには、コンロの火を消し(体の中を冷やす)、鉄板に水をかけます(表面から水分を入れてから保湿します、保湿だけではだめです、水分が蒸発してしまっているので)。鉄板に水をかける行為は、スキンケアをきちんと行うことが重要で、コンロの火を消すには漢方薬で熱を取り去ることが大切だと思っております。それを同時に行います。

多くのアトピー治療を病院で行っている場合では、ステロイドの外用剤で例えて言うとコンロと鉄板ごとふたをかぶせて密閉している状態を作り出していると考えています。熱の量が一定以上になるとステロイド剤を塗っていても熱がもれてくるので悪化と寛解を繰り返している状態です。このような状態をずっと続けていくとその人の体の副腎が萎縮して機能しにくくなります(なかなか回復できなくなります)。その状態を作らないようにするには、どうしてもステロイド剤を少なくしていく以外に方法がないのです。

アトピーの方の中には、熱を持っている急性炎症期(もっとも酷い状態)からやや熱がとれてきている状態、ほとんどアトピーの形跡が残って最後にきれいに肌ができていない状態までさまざまですが、来店の際に病院での治療状況を考慮して相談にのっております。

アトピーの強度(炎症反応)が強くて内服のセレスタミン(ステロイド内服剤)使用のお客様の場合には、より慎重に対応していますが、場合によってはこちらでお断りすることもございます。どうか少しでもアトピーの痒みやジクジク、カサカサ、赤みの状態から少しでも早く開放されることを願って日々研究しております。

アトピーの状態は、個人差がとても大きいので実際に目でみないとわかりません。是非一度、ご来店の上相談していただければと思っています。
スポンサーサイト
プロフィール

kanpokiyose

Author:kanpokiyose
「みんなが幸せになるなら私は
縁の下の力持ちで」をモットーに
日々お薬と格闘しています。
知りたいことがあればメールを
ください。きちんと返事を致します

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。