スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湿気の時期に流行る疾患

しばらく、更新をしないまま時間が過ぎてしまいました。たまに訪れてきてくれる方のためにも頑張らねば。

湿気の多い時期に入ってくるとどのようなお客様が多くなるかと言うと下痢、便秘、神経不安、五十肩、腰痛、重だるい、喘息、浮腫み、皮膚病、体臭、胃腸疾患、精神疾患、自律神経失調の方の来店が多くなります。

湿気という外的な要因で体の不調が起こる原因に体の中の湿が関係しています。現在の時期に体の変調を訴えてくる方のほとんどは、体の中に湿が滞っている方がほとんどなのでこれを読んでいただいている方は、体の中に湿気をためないようにご注意ください。

体の中に湿をためないようにするには、食事の内容に甘いもの、冷たいもの、生もの、高カロリーの摂取を控える必要があります。お腹を常に空かしておいた方がよいと言うことです。これらの食べ物は、胃腸の働きを低下させるので疲労の回復が悪くなります。ちなみに、私はというと今の時期には、冷たいものは一切飲みません。

理想を言うと冷たいものを少なくして運動をして汗をかくというのが、この時期の乗り越え方だと思っています。

あと、世の中に水をたくさん飲むと体によいと信じていらっしゃる方が多くいるようですが、体にむくみを持っている方には、必要以上の水分摂取はかえって害になります。必要な水分摂取とは、口が渇いたらその都度のむということです。世の中には、口が渇いても水分が欲しくないという人が存在しています。これは、漢方的な見地からみて血液循環が悪くなっている証拠として捉えています。そのような方がいらっしゃいましたら是非ご来店ください。改善させると病気のリスクが確実に減ります。
スポンサーサイト
プロフィール

kanpokiyose

Author:kanpokiyose
「みんなが幸せになるなら私は
縁の下の力持ちで」をモットーに
日々お薬と格闘しています。
知りたいことがあればメールを
ください。きちんと返事を致します

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。