FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うつの治療に関する質問に関して

「長年うつと体調不良で悩んでいる家族がいるのですが、
東洋医学で少しずつでも力をつけて今の薬を減らしてほしいと考えています。
以前都心まで通院しようとしたのですが、
遠距離のため続かず近場でよいところがないかと思っています。
しかしなかなか見つけるところができず、そちらの薬局を思い当たった次第です。
まったく素人なのでわからないのですが、
漢方はきちんとした「先生(漢方医?)」がいるところで診療してもらいながら
薬を出してもらうところと、そちらのような「薬局」で相談しながら出してもらうのと
どう違いがあるのでしょうか?
大変申し訳ないながら、「薬局」だと少し心配になってしまったもので率直に聞かせていただきました。
ご回答宜しくお願いいたします。」

上記のようなご質問を最近いただきました。
回答しにくい内容なのですが、現状をお話しないといけないと思い、これを読まれていらっしゃる方々に丁寧に回答致します。まずは、現状をお話してから。

一般的にうつの診断を下すのは、医師です。この点は薬剤師として是非お願いします。問題は、保険を利かせるやり方なら普通は漢方医を探せばよいのですが、現実は保険の利く漢方薬ではうまく使えてもうつの緩和くらいしか出来ません。時間の経過でよくなってくるまで待つしかありません。そして何年も病院に通い続けるしかありません。保険の適応になっている漢方薬では治療に十分答えることができないのが現状です。

病院の薬や漢方薬だけを飲んでうつから立ち直ってお薬が不要になった人を見たことがありません。実際にはいるかもしれませんが、数は少ないと思います。ですから薬剤師としては、どうしたらうつの治療をされている方が時間的に早く立ち直っていただき、薬が不要になるのかを考える必要が生まれます。

現在の医療制度の中では、薬局薬剤師の立場は調剤だけしろという制度で治療は医師のみが行えばよろしいという立場をとっております。医療の薬の中には、身体を立て直す薬は、残念ながらありません。すべて自分の身体が勝手によくなってくることを前提に薬が使用されています。

相談できる薬局がすべて私の考えていることができる店ばかりではありません。悪質な店もあります。ですが、私にはどうすることもできません。でも市販品を上手に使いこなすことで店頭で私自身がお客様と接している中で必要性を感じざろう得ない現状があるのです。そこでご提案としてお客様の理解ができる範囲でご説明させていただき、使用していただくと病院で出されている抗精神薬や睡眠導入剤や安定剤が医師の判断の元で減量されてなくなっていく現状を皆様に知っていただきたいと考えております。
スポンサーサイト

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

No title

冷え性で、漢方を飲んで、元気になりました。相談してよかったと感じています。心も体も健康になるといいですね!
プロフィール

kanpokiyose

Author:kanpokiyose
「みんなが幸せになるなら私は
縁の下の力持ちで」をモットーに
日々お薬と格闘しています。
知りたいことがあればメールを
ください。きちんと返事を致します

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。